2005年11月23日

スカイラインて零戦のエンジンだったんだ・・・

零戦のエンジン作った中島飛行機が、戦後自動車会社「プリンス」を起こして、先行していたトヨタ、日産の、日産に吸収合併されて、「日産プリンス」となり名車「スカイラインGT」のエンジン、車体作ったんだ〜R380が母体の〜会社がいい雰囲気で職位の壁が壁にならなかったんだって・・・潰れちゃったけど・・^^;)昭和38年だって・・DOHC作るし・・・3連装キャブ作るし・・・ところが先行するポルシェ904に愕然と負けてしまい。昭和39年・・時速180kmなんて今では当たり前ながら・・・砂子義一・・・ガボッガボッ・・っちゅうエンジン音がたまらんなあ・・キュッ・・キュッ・・ククッン・・・て走ったんだって・・ポルシェは・・通産が動いたのか・・文句言ったのか・・相変わらず日本極秘・・・ポルシェに勝つ!・・180馬力に勝つ!・・くう〜DOHCって零戦だったんだあ・・4気筒?12気筒?・・・パワーウェイトレシオ・・・昔、飛行機で毎日やってたんだ、アルミ溶接・・・(T_T)・・ところがポルシェ906・・・チームワーク・・昭和41年5月3日・・ジャガー、ロータス、フォード、・・・60周・・直線で抜かれたね・・・伯仲・・時速270km・・・3周遅れ・・・ぶっちぎり・・・俺、いつもぶっちぎりたいんだ・・なんでも・・だから遅いとムカつくんだ・・・燃えたいな・・もう燃えんけど・・ジジイ(^-^)v・・子供だよ子供・・R380=スカイライン・ハードトップ2000GT・・・モーターファン・・・スカイライン:50勝・・・発想の跳躍・・開発に必要なのは・・・
posted by bodyboarder at 16:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 【モータースポーツ】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/9710218
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。